未来の機器と輸送方法

トラック

古墳時代の輸送手段は馬です。アジア大陸から伝わり戦いや交通の手段になりました。奈良時代や室町時代には船が造られました。遣唐使も船で往き来しています。室町時代には遠方から海上輸送で年貢が運ばれて来ました。この頃にどうしたら積める量が増やせるか、安定して運べるかが工夫研究されています。江戸時代には陸の交通が整えられました。街道と呼ばれ、飛脚が登場し始めたのもこの頃です。明治時代になり、西洋文化が入ってくると輸送手段も大きく変わってきます。鉄道馬車や人力車が利用されるようになりました。その後の近代は、人を多く運ぶ汽車やバスの他、地下鉄も造られ飛行機などの交通機関が発達しました。自動車の開発も益々進んでいます。

精密機器とは、小さい部品で構成された機器のことを言います。実際どういうものに使われているのでしょうか。身近なところではカメラや時計、テレビや冷蔵庫といった家電製品も精密機器です。医療の分野でも心電計や脳波計などに精密機器が使われています。ありとあらゆる所で見ることができます。精密機器は今後より一層発達していくことでしょう。ウェアラブル端末というものが今、盛んに研究されています。環境に配慮された省エネのもの増えていき、小型化もされて持ち運びが楽になったりもしていくでしょう。そこで大切なのが、精密機器の輸送技術です。外部環境よって壊れやすく、振動や衝撃だけでなく湿気にも気を付けなければいけないのです。